ISISに参加した米国人学生、昨年11月に戦闘で死亡

連邦検察によると、ゴアラニーさんは死の直前に撮ったとみられるユーチューブのビデオでISISに参加したことを認め、「自分自身が決めて自力で来た。だれかに影響されたり勧誘されたりしたわけではない」と話していた。一方でガマル被告の名前を挙げ、同被告との関係を裏付ける発言もしている。

法廷文書によれば、ゴアラニーさんは2014年8月にインターネット上の交流サイトでISISを支持するガマル被告の投稿を読み、フェイスブックを通して同被告にメッセージを送った。

2人は同年10月にニューヨークで対面。ガマル被告はこの時、トルコの友人に「米国人の友人がそちらへ行くので着いたら連絡させる」と伝えていた。

ゴアラニーさんは昨年1月にニューヨークを出発してトルコへ向かい、2月にはシリアのISIS支配地に入っていたとみられる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]