トランプ氏、わいせつ発言「言わされた」 妻がテレビで弁護

2016.10.18 Tue posted at 11:59 JST

[PR]

(CNN) 米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の妻メラニア氏が17日、夫の女性に対する不品行が取り沙汰されて以来初めてインタビューに応じた。この中で、2005年に収録されたトランプ氏の女性に関するわいせつ発言について、男同士の会話の中で「そそのかされて」言わされたと主張した。

米紙ワシントンポストやNBCテレビがトランプ氏の女性に対する性的言動について報じて以来、これまでに数人の女性が被害に遭ったと名乗り出ている。2005年に収録された発言は、トランプ氏がそうした女性に対して行った性的行為を吹聴する内容だった。

メラニア氏はインタビューの中で「夫を信じている」と繰り返し、「全ては対立候補が仕組んだこと。詳細については、あの女性たちの素性は確認したのか。彼女たちに真実は一切ない」と強調。夫があのような言葉を使うのも聞いたことがないと訴えた。

それでも問題発言については「あの文言は不適切だと夫に言った。容認できないと。私が知っているあの人ではないことに驚いた」と告白。トランプ氏は司会者にそそのかされて男同士の会話の中で汚い言葉を使うよう仕向けられたと弁護した。

トランプ氏が自分を批判する相手の外見を批判していることについても、「夫は飾らずに、感じたままを口にする。夫は女性を尊敬している。しかし相手がうそをつくので自衛している」とした。

メールマガジン

[PR]