イスラムの女性2人とベビーカー襲う、女を逮捕 米NY

ニューヨーク(CNN) 米当局は11日までに、米ニューヨーク・ブルックリンで、イスラム教徒の女性が頭髪を覆うスカーフ「ヒジャブ」を着用した女性2人が、反イスラムの言葉を叫ぶ女に襲撃されたと明らかにした。女性たちが押していたベビーカー2台も襲われたが、母子4人に大きなけがはなかった。

当局によると、この女(32)は暴行と嫌がらせ、子どもを危険にさらした罪などに問われている。ブルックリンの路上で8日、女性2人の頭からヒジャブをはぎ取ろうとした。また女性たちの顔と体を殴り、「ここは米国だ」「出て行け」などと繰り返し叫んだ。

さらにベビーカー2台のうち1台を倒し、もう1台を激しく揺らした。ベビーカーには生後11カ月と1年3カ月の赤ちゃんが乗っていた。

女はまもなくニューヨーク市警に逮捕された。9日の罪状認否で、検察は憎悪犯罪だと主張した。

イスラム教市民団体、米イスラム関係評議会(CAIR)のニューヨーク支部責任者は、検察に「少数派を襲う憎悪犯罪は容認しないとの姿勢を示してほしい」と呼び掛けた。米同時多発テロからちょうど15年を迎える11日前後は、これを口実に米国内のイスラム教徒を狙う犯罪が起きる恐れもあるとして、モスク(イスラム教礼拝所)などに警戒強化を求めた。

同支部は声明で、イスラム教徒に対する差別や憎悪犯罪はこの数カ月で急増していると指摘。「公民権団体などによると、原因の少なくとも一端はさまざまな公人によるイスラム教徒嫌いの発言にある」と主張した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]