27年前に誘拐、少年の遺体見つかる 米中西部

2016.09.05 Mon posted at 11:36 JST

[PR]

(CNN) 米中西部ミネソタ州スターンズ郡の保安官事務所は5日までに、27年前に誘拐されたジェーコブ・ウェッターリングくん(当時11歳)の遺体が見つかったと明らかにした。声明によれば、検視官や司法歯科医が遺体の身元を特定したという。

起訴された人物がいるかどうかはわかっていない。保安官事務所によれば、捜査官が新しい証拠の評価を行っている。早ければ1週間以内に、より詳細な情報を公開する見通し。

ジェーコブくんは1989年10月の夜、ミネソタ州の道路上で行方不明になった。弟と友人の3人でコンビニエンスストアから自転車やスクーターで自宅に戻る途中、覆面をかぶり銃を持った男が近づいてきた。男は少年らの年齢を尋ね、ジェーコブくんをつかまえると、残りの2人に対して、森の中に走っていかなければ撃つと言ったという。

この事件が、子どもに対する性犯罪者の登録を州に求める法令の制定につながった。

メールマガジン

[PR]