FBI、クリントン氏の聴取記録などを公開 メール問題で

FBI、クリントン氏の聴取記録などを公開

(CNN) 米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏が国務長官在任中に公務で私用のメールサーバーを使っていた問題で、米連邦捜査局(FBI)は2日、7月にクリントン氏から事情聴取した際の記録と私用メールサーバーをめぐる捜査の報告書を公表した。

事情聴取の記録によると、クリントン氏はFBIに対し、連邦政府絡みの記録の保持や機密情報の取り扱いに関する国務省から説明や訓練について、一切思い出せないと供述した。

クリントン氏が捜査員らに対し「思い出せない」または「覚えていない」と述べた回数は少なくとも39回に上った。これらは主に手続き関連の質問のほか、国務省から受けた可能性のある訓練や個別のメールの内容に関する質問に対して発せられたもの。

一方、捜査報告書の大半では、FBIのコミー長官が米連邦議会の公聴会で証言した内容を改めて指摘。60件以上のメールのやり取りにその時点で機密に該当する情報が含まれていたことや、攻撃が成功したとの証拠はないもののクリントン氏のサーバーに対するハッキング攻撃が複数回あったことなどに言及している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]