米ジョージタウン大、奴隷272人の子孫に優遇措置

米ジョージタウン大が過去に取引対象とした奴隷の子孫について優遇措置を施す=Shutterstock

米ジョージタウン大が過去に取引対象とした奴隷の子孫について優遇措置を施す=Shutterstock

ニューヨーク(CNNMoney) 米首都ワシントンのジョージタウン大学は1日、19世紀の奴隷取引にかかわった過去を正式に認め、被害者約300人の子孫を入学選考過程で優遇する措置を発表した。

ジョージタウン大は1838年、メリーランド州南部のプランテーションで働いていた奴隷272人を売って債務の返済に充てた過去がある。

優遇制度はこの272人の子孫を対象に、選考過程で同大との関係を考慮する。

ジョン・ディジョイア学長は記者会見で、「ジョージタウンが奴隷制度に関与したことを認めなければならない。1862年に解放されるまで、ここには奴隷がいた」と語った。同大はこの歴史について謝罪するミサも開く。

同大は昨年9月、学生や教職員で構成する作業部会を設置して、奴隷制度に関与した歴史を償うための方策を検討。子孫探しに役立てるため、同大にいた奴隷の家系図などの情報や、1838年に売られた272人の氏名や年齢などを公表している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]