米ジョージタウン大、奴隷272人の子孫に優遇措置

綿花のプランテーションで働く奴隷たちを描いた版画

綿花のプランテーションで働く奴隷たちを描いた版画

記者会見にはそうした子孫も同席し、ディジョイア学長は、同大に売られて離れ離れになった奴隷の子孫の再会を支援する方針も明らかにした。

子孫の1人、マキシン・クランプさんは、このニュースを聞いた時の思いを「私という存在そのものが圧倒された。人生の中で開くとは期待もしていなかった扉が開かれた」と表現した。

ジョージタウン大は奴隷だった272人への敬意を表す記念碑を建設するとともに、当時の学長の名を付けた建物2棟の名称を変更する方針。

専門家によると、アイビーリーグ系の大学は、コーネル大を除く全校が奴隷取引に関与していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]