点検中に修理ミス、核ミサイルが損傷 米空軍基地

2016.01.24 Sun posted at 15:30 JST

[PR]

(CNN) 米空軍は24日までに、ワイオミング州の基地に配備されていた大陸間弾道ミサイル「ミニットマン3」の点検中に修理ミスが起き、同ミサイルが運用不能となる不手際があったことを明らかにした。

ミニットマンミサイルはこの事故で約180万米ドル相当の損傷を受けたという。空軍当局者は放射性物質の漏出の有無には触れなかったが、負傷者は出ておらず、外部に危険をもたらすこともなかったとしている。

空軍の声明によると、修理ミスは2014年5月16日、ワイオミング州にあるF.E.ウォーレン空軍基地に所属する第90ミサイル部隊が管理のミニットマン3ミサイルで発生。点検中に運用不能の状態になったことを受け、維持管理チームの責任者が修復を図ったが技術的な指針にはない措置を講じたことが損傷につながったという。

この事故後、空軍兵士3人が核ミサイルの作業資格を失った。維持管理チームの責任者はミサイル修復などに必要な適切な訓練を受けていたという。

事故の詳しい内容は公表されておらず、事故調査委員会がまとめた包括的な報告書も機密扱いとなっている。

メールマガジン

[PR]