重金属含む汚水、推定の3倍流出 コロラド州が非常事態宣言

重金属含む汚水が流出 米コロラド州

(CNN) 米コロラド州で廃鉱になった鉱山からの汚水が河川に流出した事故で、流出した汚水の量は当初の推定の3倍を超す1万1000立方メートル以上に上ることが分かった。

同州のヒッケンルーパー知事は10日に非常事態を宣言。黄色く濁った汚水は同州からニューメキシコ州にまで達している。

この事故では5日、廃鉱になったゴールドキング鉱山から汚水をくみ出して処理する作業を行っていた米環境保護局(EPA)の職員の手違いで、鉱山からの排水がコロラド州を流れるアニマス川に流出した。

排水には鉄や亜鉛、銅を中心とする重金属が含まれていると見られる。EPAは川の水を採取して検査を行っているが、事故から5日たった今も、汚染の程度や周辺の住民や事業所に与える影響について詳しいことは分かっていない。

汚水はアニマス川と合流するニューメキシコ州のサンフアン川にも流れ込み、流域の一帯に危険が及ぶ恐れがある。EPAはサンフアン川に面した取水工場のある9カ所で採取した水も検査している。

飲用水の検査はこれとは別に、州の環境保護当局が実施しているという。

汚水を流出させたEPAの過失や事後対応に対しても批判が強まっている。先住民が住む準自治領ナバホ・ネーションは、EPAを相手取って法的措置を講じると表明。ニューメキシコ州環境局も、EPAは同州の住民に対する注意喚起を怠ったと非難した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]