鉱山の排水が河川に流出、非常事態を宣言 米コロラド州

鉱山の排水により濁った河川

鉱山の排水により濁った河川

(CNN) 米コロラド州で環境当局の作業員が鉱山から出た排水を誤って川に放出する事故があり、同州ラプラタ郡のデュランゴ市は10日までに、非常事態を宣言した。

米環境保護局(EPA)によると、同州南部で5日、廃坑になった鉱山から出た推定約3785立方メートルの汚水がアニマス川に流出した。川の水は濁った赤茶色に染まり、EPAは地元住民対して川に近付かないよう呼びかけている。

EPAはこの日、デュランゴ近郊にあるゴールドキング鉱山から汚水をくみ出して処理する作業を予定していたが、重機を使った際に手違いで汚水が流出し、アニマス川に注ぐ小川に流れ込んだという。汚水はそれまで鉱山付近の貯水場に貯めてあった。

州の公園野生生物保護当局によれば、陸上に生息する野生生物への影響は最小限に抑えられる見通し。しかし魚類は水質の変化による影響を受けやすいという。

当局によると、排水には鉄や亜鉛、銅を中心とする重金属が含まれていると見られる。赤茶色の流れはコロラド州南部を経て、アニマス川がサンフアン川と合流するニューメキシコ州との国境付近にまで達した。

週末にかけて現場を視察したニューメキシコ州のマルティネス知事はCNN系列局KRQEの取材に対し、「言い表すことさえできない規模だ」と絶句した。

アニマス川沿いに住む住民は汚染水のために井戸が使えなくなったと訴え、「川を見て泣いた」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]