バイソンが十代少女を襲う、写真撮ろうと近付く 米

米イエローストーン国立公園内に生息する野生のアメリカバイソンの群れ。写真撮影の際には十分な距離を取るよう注意が呼びかけられている=NPS提供

米イエローストーン国立公園内に生息する野生のアメリカバイソンの群れ。写真撮影の際には十分な距離を取るよう注意が呼びかけられている=NPS提供

(CNN) 米イエローストーン国立公園で十代の少女がアメリカバイソンに襲われ、重傷を負ったことが18日までに分かった。

米国立公園局(NPS)が発表したところによると、台湾から留学している女子生徒(16)が15日午後、園内でアメリカバイソンに近付いて襲われた。園内の医療施設からヘリコプターで外部の病院へ運ばれ、手当てを受けた。

女子生徒はホストファミリーとともに公園を訪れていた。ハイキングの途中、ルートの脇でアメリカバイソンを取り囲んでいたグループに加わり、写真を撮ってもらおうと近くに立った。アメリカバイソンは背後から女子生徒に襲いかかったという。

NPSによると、イエローストーン国立公園には推定2300~5000頭のアメリカバイソンがいる。毎年数人の来園者が襲われ、中には死亡する例もある。

園内には野生動物に近付きすぎないよう警告する標識が点在し、アメリカバイソンなど大型の動物については25メートル以上離れるのが安全とされている。女子生徒とホストファミリーは1~2メートルの位置に立っていたとみられる。

NPSは「アメリカバイソンは人間の3倍の速さで走る。予想外の行動に出ることもあり、危険な動物だ」と注意を呼び掛けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]