飛行中の旅客機制御システムに不正侵入か FBIが捜査

旅客機をハッキングか FBIが捜査

(CNN) 米ユナイテッド航空の旅客機の機内エンターテインメントシステムに不正アクセスした疑いで米連邦捜査局(FBI)に拘束された男性が、調べに対し、ハッキングを繰り返して飛行中の機体のエンジンを制御したと供述しているという。FBIが裁判所に提出した捜索令状請求書面で明らかにした。

サイバーセキュリティーコンサルタントのクリス・ロバーツ氏は先月、ユナイテッド航空便でニューヨーク州シラキュースの空港に到着したところをFBIに拘束された。同氏は短文投稿サイトのツイッターに、次に搭乗する予定だった便のハッキングに関するコメントを投稿していたとされる。

捜索令状請求書面によると、FBIはコンピューター犯罪の容疑でロバーツ氏に対する捜査を進めており、2月~3月にFBIが行った事情聴取で同氏は、2011~14年に15~20回ほど航空機の機内エンターテインメントシステムをハッキングしたと話したという。

さらに、1度はシステムのコードを書き換えて不正なコマンドを発信し、エンジンを制御して飛行中だった機体を水平もしくは横方向へ移動させたと語ったとされる。

同氏はボーイングの3機種、エアバスの1機種について脆弱(ぜいじゃく)性があることを知っていたと主張。仏タレス製とパナソニック製の機内エンターテインメントシステムをハッキングしたと話していたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]