ハワイのビーチにサメ出没、シュノーケル客襲う

ハワイのビーチにサメ出没、シュノーケル客襲う

(CNN) ハワイ島にあるハプナビーチ州立公園沖で家族とシュノーケルを楽しんでいた男性が、海中でサメに襲われて負傷した。

ハワイ州当局によると、被害に遭ったのはカンザス州から来ていた58歳の男性。家族と一緒にシュノーケルをしていたところ、体長約3~3.6メートルのイタチザメに襲われた。サメは男性を襲った後も再び目撃されたという。

男性は左腕と左の太ももをかまれて病院で手当てを受け、快方に向かっている。

同公園は封鎖され、一帯の海岸にサメ警戒情報が出された。当局は観光客などに対し、海に入る場合はサメに注意するよう呼びかけている。

19日には上空から捜索を実施。サメが目撃されれば公園の封鎖を続け、目撃されなければ封鎖を解除する方針。

州のサメ情報サイトによると、ハワイには約40種のサメが生息する。イタチザメの体長は最大で約4.8メートル。何でも餌にすることから「海のゴミ箱」の別名がある。

米海洋大気局(NOAA)によれば、世界各地で人がサメに襲われて死亡する事例はイタチザメが絡むことが多く、ハワイで人を襲うサメはこの種類が最多だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]