ホッキョクグマがキャンプ客襲う ノルウェー

(CNN) 北極圏にあるノルウェーのスバールバル諸島で19日、キャンプをしていた男性がホッキョクグマに襲われ負傷した。

地元自治体のウェブサイトによれば、男性が襲われたのはスピッツベルゲン島のテンペル・フィヨルド。男性は5人の仲間とともに、スキーとスノーモービルの旅をしていたという。

仲間がホッキョクグマを射殺し、男性はヘリコプターで病院に運ばれた。男性は顔と腕にけがをした。現在、調査が行われているという。

スバールバル諸島で旅行者がホッキョクグマに襲われたのはこれが初めてではない。2011年には氷河近くでキャンプ中だった英国の学生グループが襲われ、少年1人が死亡している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]