オバマ大統領が特別寄稿 米国、私のビジョン

(CNN) この数日間、私たちは皆、今世代最大級の暴風雨にしっかりと目を向けてきた。亡くなった人々を悼むとともに、人生を一変させる被害を受けた人々には復旧と再建に必要な限り、支援を続けることを約束する。

なぜなら困難に見舞われた時にこそ、米国は最大の良さを発揮するからだ。平時に私たちを消耗するささいな食い違いも、瞬時に消えうせる。嵐の間は民主党も共和党もなく、だれもが同じ米国人となる。私たちはこうして力を合わせ、最もつらい時を切り抜けるのだ。

米国は4年前、2カ所での戦争と世界大恐慌以来の経済危機で窮地に陥っていた。だが私たちは力を合わせて闘い、ここまで立ち直った。イラク戦争は終わり、オサマ・ビンラディン容疑者は殺害され、英雄たちが帰還している。産業界では過去2年半のうちに550万件近くの雇用が生まれた。住宅価格や確定拠出年金が上向いて、石油の対外依存度は過去20年間で最低となり、自動車産業も息を吹き返した。

まだ目的地には到達していないが、私たちは確実に前進を遂げてきた。そして6日の投票日、米国はその強さの由来を巡る2つの根本的に違うビジョンのうち、いずれかを選ぶことになる。

米国の繁栄の基礎となったのは中間層の強さだと、私は確信している。少数のトップ層が豊かな生活をする一方で大多数が暮らしに困っている状況ではうまくいかない。だれもが公平にチャンスを与えられ、等しく役割を果たし、同じルールに従う時、国全体がより豊かになる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]