公園のヌーディスト区画でのぞき見、女性ら被害訴え パリ

パリにある公園のヌーディスト区画で、のぞき見の被害を訴える声が相次いでいる/Gerard Julien/AFP/Getty Images

パリにある公園のヌーディスト区画で、のぞき見の被害を訴える声が相次いでいる/Gerard Julien/AFP/Getty Images

(CNN) フランスの首都パリにある公園「バンセンヌの森」。2017年以来、全裸で日光浴できる区画を8~10月に設けてきたが、一部のナチュリスト(裸体主義者)からのぞき被害を訴える声が出ている。

公園内のヌーディスト区画に入ると、のぞき見は許容しないと警告する看板に出会う。

しかし、一部の裸体主義者は仏紙ルモンドの取材に、女性をのぞく「変態」がいてリラックスできないと吐露。警察に対してもパトロールを増やすよう要請があった。

裸体主義者のベルナールさんによると、女性は緑の草地を楽しもうとしているだけなのに、男性に悩まされている。当局者が見回りを行っているものの、不適切行為の現場を抑えない限り、摘発は難しいという。

バンセンヌの森があるパリ12区の首長は、事態を把握していると確認。パトロールを強化する計画だと明らかにした。

一方で、パリのこの地域は長年にわたり性労働とつながりがあるとされる。CNNは昨年10月、バンセンヌの森で人身売買が行われている事実を詳しく報じていた。

パリでは、ナチュリスト協会が市民のために全裸の催しを企画しており、同公園のヌーディスト区画では全裸ピクニックを開催した。裸の水泳やヌードヨガ、全裸カクテルパーティーも行っているほか、服を脱いで美術館や劇場を訪れることもある。

ただ、今年はフランスのヌーディストにとって受難の年ともなっている。パリ初のヌーディストレストランは客足が伸びず2月に閉店した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]