ドバイで人工島の建設ラッシュ、新しい観光島は20年完成

2017.05.22 Mon posted at 14:44 JST

[PR]

(CNN) アラブ首長国連邦(UAE)ドバイの政府系投資会社ドバイ・ホールディングは22日までに、総敷地面積約37万平方メートルの人工島群「マルサ・アル・アラブ」を造成する計画を発表した。6月に起工式が行われ、2020年の完成を目指す。

人工島群はドバイを象徴する帆船型のホテル「ブルジュ・アル・アラブ」に隣接する海岸に造成する。総工費は推定17億2000万ドル(約1900億円)。ドバイの海岸は約2.3キロ拡張される。

島の1つには家族向けのリゾートを建設し、海洋公園や劇場、中東初となる「シルク・ドゥ・ソレイユ」の拠点施設を設けるほか、海岸に面した集合住宅300戸も建設する。

別の島はプライベートアイランドとして、高級別荘や住民用のマリーナ、ブティックホテルを展開。ドバイ・ホールディング傘下のジュメイラ・グループが経営するホテルも開業する。

ドバイでは、ジュメイラ・ビーチ沖に1994年に造成された「ブルジュ・アル・アラブ」を皮切りに、次々に人工島が建設されてきた。

2001~2006年に建設された「パーム・ジュメイラ」には住宅数百棟とホテル数十棟が立ち並ぶ。

一方、2002年に建設が始まった「パーム・ジェベル・アリ」など2つの人工島プロジェクトは、2008年の金融危機に足を取られてまだ完成していない。

メールマガジン

[PR]