シンガポールが他国に誇れる10のこと

7.夜のF1グランプリ

シンガポールは、世界で唯一のフォーミュラワン(F1)のナイトレースが行われ、3日間の開催期間中は国民全体がF1に夢中になるようだ。

グランプリ自体は最終日の夜、シンガポールの中心地であるマリーナ湾岸地域に特設された市街地サーキットで開催される。

レースの光景はテレビで見ても素晴らしいが、中心地区にある建物の屋上に設けられたバーからの眺めも素晴らしい。

8.気軽に食べられるストリートフード

シンガポールには世界的に有名なシェフが経営するレストランも多いが、安い食べ物を提供する店もいたる所にある。

シンガポールでは、町中におんぼろ屋台が点在しているのではなく、ホーカーセンターと呼ばれる屋台街に多くの屋台料理店が集まっている。

各屋台は衛生状態で評価され、最低限の基準をクリアしないとセンター内に店を出すスペースを確保することすらできない。

ホーカーセンターは、もともと所得が低い層向けに発展したが、今やすべての層の人々に利用されている。

ストリートフードに抵抗がある人も、シンガポールの屋台は一度行ってみる価値はある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]