フランスが世界に誇れる10のこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9.顧客サービス

フランスには「お客様は王様」という格言がある。フランスの人々が王たちに何をしたかは周知の通りだ。

たしかに、フランスのサービスは時に客に対して不愛想で無関心に思えるが、それでも素晴らしいと言える。

不機嫌そうなウエイターも決してあなたを嫌っているわけではない。単に、彼の専門分野に関して彼は専門家で、あなたは素人ということだ。横柄な態度のデパートの販売員についても同じことが言える。

他の国と違い、フランスではこれらの職業は一生使える技能が身に付く生涯の仕事となりうる職業なのだ。客がすべきことは、辛抱強く、笑顔で自分の希望を接客係に伝えることだ。フランスの人々は、自分が知りたいことを知っており、それを伝えるために最善を尽くしてくれる人に敬意を表する。

10.グローバル化

フランスのグローバル化政策は世界一だ。同国が膨大な時間を費やし、海外からの侵略者たちによってフランス経済がつぶされていると不満を述べているせいで、全世界にどれだけフランス製品が浸透しているか誰も気づかない。

例えば最近、自分が使っている電気を誰が供給しているか、自分が利用している輸送システムの所有者が誰か、自分の国の軍隊に誰が食料を供給しているか、自分の住んでいる都市の公衆便所を作ったのは誰かを確認したことがあるだろうか。

特に現在欧州に住んでいる人は、フランス電力(EDF)、トランスデブ、ソデクソ、ジーセードコーなど、フランスの多国籍企業を目にする機会が多いだろう。また世界中で多くのフランス製ブランド品が売られていることは言うまでもない。

もしフランス人からハリウッドがフランス文化を破壊していると言われたら、近くの公衆便所を指さすといい。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]