「観光客にもっと優しく」、フランス政府が苦言

2014.06.25 Wed posted at 12:43 JST

[PR]

(CNN) 外国人観光客に対して不愛想という評判が定着しているフランスで、政府や自治体が観光客への接し方を改善する必要があると訴えている。

同国イノベーション相のペルラン氏はこのほど開かれた観光会議で、「我々は接客の意味を再発見しなければならない」「もてなしやサービスの質に関して我々はもっとうまくやれるはず」と演説した。観光業がもたらす年間160億ドル(約1.6兆円)の経済効果はフランスにとってぜひとも必要だと同氏は強調している。

パリを訪れてウェイターやホテル従業員に無愛想な態度を取られた経験を持つ人は多く、フランスがこうした態度について多少でも反省する姿勢を示したのは今回が初めてではない。

パリ観光局は昨年、サービス業界の従業員に対し、外国人観光客への接し方について助言するマニュアルを配った。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]