気分は大富豪? 邸宅を改装した豪華ホテル8選

ザ・チャンラー・アット・クリフウォーク=同ホテル提供

ザ・チャンラー・アット・クリフウォーク=同ホテル提供

(CNN) 高い天井に暖炉付きの部屋に地図なしでは歩けないほどの広さの裏庭――。そんな大邸宅での生活を夢見た人は多いだろう。米国には、かつて裕福な政治家や綿商人などが住居として使用していた邸宅を改装して作られたホテルがあり、1泊分の宿泊費で大邸宅のオーナーの気分が味わえる。そこで今回は、米国内の「邸宅」ホテルを8カ所ご紹介する。

ザ・チャンラー・アット・クリフウォーク(ロードアイランド州ニューポート)

米東部ニューポートの海岸線に建つこのホテルは、1873年にニューヨークのジョン・ウィンスロップ・チャンラー議員夫妻の私邸として建てられた。その後、米国の詩人ヘンリー・ワーズワース・ロングフェローや第26代大統領セオドア・ルーズベルトらも使用していたが、現在はホテルに改装され、誰でも宿泊可能だ。

1泊229ドルから。

ウェントワース・マンション(サウスカロライナ州チャールストン)

歴史ある街チャールストンにあるこのホテルの建物は、客室数21室の4階建て。1886年に南部の裕福な綿商人フランシス・サイラス・ロジャースとその妻と13人の子どもたちの私邸として建てられた。

その後、建物は全面改修されたが、ティファニー製のステンドグラス、型押ししたスズの天井、水晶のシャンデリア、大理石の炉棚など、建物を設計した建築家ダニエル・G・ウェインのこだわりが随所に見られる。

1泊390ドルから。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]