校内で携帯利用禁止、初等・中等教育の生徒 豪ビクトリア州

ビクトリア州の初等・中等教育の生徒が学校内で携帯電話を使用することを禁止に/Sean Gallup/Getty Images

ビクトリア州の初等・中等教育の生徒が学校内で携帯電話を使用することを禁止に/Sean Gallup/Getty Images

(CNN) オーストラリアのビクトリア州政府は6日までに、初等・中等教育の生徒が教室内で携帯電話を使用することを禁じるとの方針を発表した。2020年の新学期から適用の予定。

声明で、サイバー機器を使ったいじめや授業への注意力が散漫になることへの対応策とした。豪州内の一部学校では既に携帯禁止を打ち出しているが、州全体としての措置は今回が初めて。

生徒は登校後、携帯の電源を切り最後の授業が終わるまで自らのロッカーに保管することが求められる。緊急事態が起き、両親や保護者が連絡を必要とした際は学校へ最初に接触することになる。

ただ、体調管理でのデータ確認などで電話を必要としたり、教師から使用許可を得た生徒は禁止の対象外となる。また、同州の教育関連労組は声明で、禁止措置は支持するとしながらも、携帯電話を含めた技術革新が教育や学習の質向上をもたらす側面を無視してはいけないとも釘を刺した。

同州の教育相は今回の措置は広範な支持を得られないだろうが、やるべき正当な措置と主張した。

豪州の最大州であるニューサウスウェールズ州でも昨年、初等教育機関を対象に携帯電話の使用を禁止した。フランスは学校でのスマートフォンや多機能端末の使用を全面禁止した。

豪州のダン・テハン教育相は声明で、ビクトリア州の今回の措置への支持を表明。両親や教師らと話し合った際、圧倒的な多数が教室内での携帯利用禁止に同調したとも述べた。

同国のモナシュ大学教授が今年実施した成人約2000人を対象にした調査によると、約8割が学校内での携帯利用の規制を支持。3分の1が全面的な禁止を唱えていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]