人気ゲーム「PUBG」、中国で配信終了 ユーザーから悲鳴

人気ゲーム「PUBG」の中国での配信が終了/VCG via Getty Images

人気ゲーム「PUBG」の中国での配信が終了/VCG via Getty Images

香港(CNN Business) 中国のIT大手、騰訊(テンセント)は8日、人気ゲーム「プレイヤーアンノウンズ・バトルグラウンズ(PUBG)」の試験配信を終了すると発表した。背景には中国政府によるゲーム規制の動きがあるとみられ、ソーシャルメディアではユーザーの悲鳴が上がっている。

テンセントは公式アカウントで試験配信終了を発表。PUBGに関してこれ以上の情報は示さず、新しい多人数対戦型ゲーム「ゲームフォーピース」をダウンロードするよう呼びかけた。

調査会社センサータワーによると、PUBGは世界的なヒット作で、売り上げは3億2000万ドル(約350億円)を超える。配信終了の報道を受け、中国のソーシャルメディアは阿鼻叫喚となり、「PUBGは死んだ」というハッシュタグが5億5000万回以上共有された。

ただ、PUBGは中国市場での収益化には至っていなかった。中国では当局によるゲーム規制が導入され、ここ数カ月、テンセントは一部人気作品の有料配信やゲーム内課金ができない状況だった。

中国当局は規制の目的について、オンラインゲームの新規タイトル数を管理し、未成年者のゲーム時間を制限したいと説明。子どもや若者の近視を減らす取り組みの一環としている。

アナリストによると、PUBGの中国人ユーザーは大半が「ゲームフォーピース」に移行する見通し。このゲームはPUBGに似ているが、暴力性は抑えられている。人民解放軍空軍を称揚する内容で、対テロ軍事訓練の現場が舞台になっているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]