中国のテレビ、男性タレントの耳にぼかし入れる 理由は?

中国の番組「小姐姐的花店」で耳たぶ部分にぼかしが入った出演者/Screengrab/Weibo

中国の番組「小姐姐的花店」で耳たぶ部分にぼかしが入った出演者/Screengrab/Weibo

(CNN) 中国のテレビ番組の男性出演者の耳には、当局が見せたくないものがあるようだ。

人気リアリティー番組「I, Actor」の最新話では、タレント井柏然(ジンボーラン)の耳の部分にデジタル編集がかけられ、耳飾りが見えない形で放映された。

井氏の耳はデジタル編集が施されたと見られている/Screengrab/Weibo
井氏の耳はデジタル編集が施されたと見られている/Screengrab/Weibo

井氏は「モンスター・ハント」や「タイム・レイダーズ」といった中国映画のヒット作で主演を務めた。中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」で出回っている画像では、他の若い男性スターの耳にも丸いぼかしが入っている。

第69回カンヌ映画祭でピアスをしている井柏然さん=2016年5月14日/Pascal Le Segretain/Getty Images Europe/Getty Images
第69回カンヌ映画祭でピアスをしている井柏然さん=2016年5月14日/Pascal Le Segretain/Getty Images Europe/Getty Images

中国規制当局が男性によるピアスやイヤリングの装着の放映を禁じたのか、またはテレビ局側が文化的に適切と考えられる基準の変化に対応して動いたのかは不明。CNNは当局にコメントを求めたが回答は得られていない。

中国では昨年、メディア規制当局がテレビ局にタトゥーを入れた俳優の起用を禁止した。中国国営メディアによると、「ヒップホップ文化やサブカルチャー、非道徳的な文化」を扱うことも禁じられた。

香港中文大学のジャーナリズムやコミュニケーションの専門校の研究者は、耳飾りにぼかしをかけるという決定について、ポップカルチャーへの欧米の影響を最小限に抑えたい政府の意向が作用した可能性があると指摘。「これは欧米の影響を排除してポップカルチャーを純化し、中国的な男らしさの特徴を強化するという一貫した施策だ」と述べた。

「小姐姐的花店」で耳たぶ部分にぼかしが入った別の出演者/Screengrab/Weibo
「小姐姐的花店」で耳たぶ部分にぼかしが入った別の出演者/Screengrab/Weibo

ウェイボーでは中国人ファンが即座に反応。当局が男女に対して時代遅れの異なる美の基準を適用していると批判した。あるユーザーは「ジェンダーに関する固定観念を当てはめて多様性を無視している」と指摘した。

別のブロガーは「規制が強まっている」「もし女優の髪が短かったら、頭をすべてぼかすのか」とコメントした。

中国の検閲は世界で最も厳しい部類で、技術的にも最も進んでいる。テレビ業界では以前、規制当局が、「欧米のライフスタイルへのあからさまな憧れ」を示すコンテンツなどを放送禁止にしていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]