中国の新型空母「002型」建造中か、造船所の衛星画像が公開

4月に撮影された大型艦船の建造の様子/CSIS/ChinaPower/Maxar Technologies

4月に撮影された大型艦船の建造の様子/CSIS/ChinaPower/Maxar Technologies

香港(CNN) 米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)は8日までに、上海郊外の造船所で建造が進んでいる大型艦船の衛星画像を公開した。中国の次期空母の姿を世界で初めてとらえた可能性があるとしている。

CSISが公開した衛星画像は4月に撮影されたもので、江南造船所の新たな活動の様子をとらえていた。CSISによれば、画像には建造が進む大型艦船の巨大な艦首と艦体部分が写っているという。艦体部分は幅40メートルに達していた。

専門家は、この新造艦の大きさや規模から判断して、「002型」と呼ばれる中国の新鋭空母の可能性が大きいと見ている。

CSISの専門家マシュー・フネイリ氏は、「江南造船所で目撃されたものは、002型の建造に関して我々が予想する内容と一致している」と解説する。

中国が近代化を図った3番目の空母を建造しているといううさわは1年以上前から広まり、昨年11月には国営新華社通信が初めて新型空母の建造に言及していた。

造船所の施設に多くの変更が行われたのが見て取れるという/CSIS/ChinaPower/Maxar Technologies
造船所の施設に多くの変更が行われたのが見て取れるという/CSIS/ChinaPower/Maxar Technologies

米国防総省はこの空母について、2022年にも完成する可能性があると予想する。

中国は現在、空母「遼寧」の1隻を運用しており、同国初の国産空母となる「001A型」は実験航海を行っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]