世界で注目の「ねこあつめ」、はまるユーザー続出

サンリオの「ハローキティ」など、日本から生まれた猫ブームは枚挙にいとまがない

サンリオの「ハローキティ」など、日本から生まれた猫ブームは枚挙にいとまがない

「ねこあつめ」の開発元は、京都に本社があるヒットポイント。クリエーターの高崎豊さんによると、あまり時間も労力もかけずに子どもでも楽しめるゲームを目指したという。

今年1月ごろからブログで紹介されるようになり、翌月には韓国でダウンロード数が急増。続いて中国、北米でもダウンロードされるようになった。

現在は日本以外の国からのダウンロードが約40%を占める。自身も猫が大好きという高崎さんだが、「正直に言うと、なぜこれほど人気が出たのか分からない」という。

日本発の猫ブームは「ねこあつめ」にとどまらない。サンリオの「ハローキティ」も日本出身。もっとも昨年秋にはハローキティが実は猫ではなかったという真実が明らかになり、世界中のファンが騒然となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]