短銃に似せたアイフォーンケース、米警察が不測の事態懸念

ニューヨーク(CNNMoney) 米アップルの人気端末「iPhone(アイフォーン)」用のケースとして短銃を思わせるデザインの製品が出回り、米国の警察当局などが警戒心を募らせている。

警官の面前で10代のアイフォーン利用者がこのケースを取り出した場合、銃の握り部分と見間違えるものなどが見え、不測の事態が起きかねないことを懸念している。

米ニュージャージー州の州警察を退いた銃器扱いの教官は、大半の若者は携帯電話をズボンなどの後ろポケットに入れると指摘。問題のケースに入ったアイフォーンを引き出そうとした場合、銃に手が伸びたと誤解されると述べている。

同州のオーシャン郡検察当局の報道担当者は、警官が良く使い、閉鎖されたソーシャルメディアのサイトで問題のケースを見付け、フェイスブックにその写真を載せた。写真は女性のモデルが後ろポケットにケースに入った携帯電話を突っ込んでいる構図だったが、その握り部分は半自動式の短銃のように見えたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]