世界で注目の「ねこあつめ」、はまるユーザー続出

またしても日本発の猫ブーム到来か

東京(CNN) アジアなどの各国でスマートフォン向けゲーム「ねこあつめ」にはまるユーザーが増えている。日本語版だけのアプリにもかかわらず、英語圏でも注目され始めた。

「ねこあつめ」のゴールは仮想の庭に可愛い猫を集めて餌をやること。運が良ければ最高で45匹も集まって来る。ルールは至って簡単だ。庭に餌や玩具を置いて猫がやって来るのを待つだけ。猫はそれぞれ独特の姿形や性格を持っている。

白猫やトラ猫、ぶち猫などごく普通の猫もいれば、特別な猫もいる。例えば「ぷりんすさん」はペルシャじゅうたんをまとい、エレガントなクッションの上に鎮座している。ファッション誌「ヴォーグ」の編集者、アナ・ウィンター氏にそっくりな猫もいる。

このゲームは日本語版しか存在しない。しかし日本語が読めなくても簡単に楽しめることから、日本を越えてブームになった。昨年10月に登場して以来、これまでのダウンロード数は約550万。英語圏でも過去1週間のうちに、ツイッター上で「#nekoatsume」関連の投稿が1日当たり数十件から数千件に膨らんだ。

アプリはアップルの端末とグーグルの「アンドロイド」搭載端末に対応。ユーザーは自分が集めたさまざまな猫の画像を投稿し、たくさんの猫を集める方法について話し合っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]