「私がSiriの声」と明かした米女性、公表までの経緯語る

2013.10.05 Sat posted at 11:07 JST

[PR]

ジョージア州サンディスプリングス(CNN) アップル社の「iPhone(アイフォーン)4S」の音声機能「Siri」の声を担当していたと明らかにしたジョージア州アトランタ郊外に住む女性が、公表までの経緯を語った。

スーザン・ベネットさんは1970年代にたまたま音声関連の仕事を始めたという。現在ベネットさんの声は、CM、電話システム、GPS装置、デルタ航空ターミナルの音声ガイドなどに採用されている。仕事の性質上、これまでベネットさんの名前が表に出ることはなかった。

だが最近になってSiriを巡る状況が変わってきた。アップルは最新OS(基本ソフト)「iOS7」のSiriにベネットさん以外の人物の声を使用し、「ベネットさんの時代」が終わりに近付きつつあった。また同時期にITニュースサイトのザ・バージが掲載した動画から、Siriの正体は人気ナレーターのアリソン・ダフティさんだという噂が広まり、本人が否定する騒ぎもあった。

当のベネットさんは騒動を笑いながら見ていた。以前から息子や夫など多くの人から名乗り出るように促されていたが、有名になることや法的な問題を懸念して公表をためらっていた。

だが、英国やオーストラリアのSiriの声の担当者はすでに名乗り出ていた。米国でSiriの正体を探る騒ぎが大きくなった今、自分も名乗り出るべきだと考えたという。

メールマガジン

[PR]