20万ドル相当の「アップル1」、捨てちゃった女性は?

20万ドル相当の「アップル1」、捨てちゃった女性は?

ロンドン(CNNMoney) 米シリコンバレーのリサイクル施設で米アップルの初代コンピューター「アップル1」が捨てられているのが見つかり、個人収集家に20万ドル(約2500万円)で買い取られた。リサイクル業者は持ち込んだ女性に取り分の10万ドルを渡そうと、この女性を探している。

リサイクル業者のクリーンベイエリアによると、この女性は1カ月ほど前、古い電子機器などをまとめて廃棄して行った。「夫が亡くなったのでガレージを整理しなければならなくなったと話していた」という。連絡先は残していかなかった。

数週間後、廃棄された機器などを調べたところ、アップル1が見つかったという。

アップル1は、共同創業者の故スティーブ・ジョブズ氏とスティーブ・ウォズニアック氏が1976年、ジョブズ氏の自宅のガレージで完成させた同社初のデスクトップコンピューターだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]