色で性感染症知らせるコンドーム、中学生が開発 英

2015.06.25 Thu posted at 15:09 JST

[PR]

(CNN) 性感染症を検知すると色が変わって知らせてくれるというコンドームの試作品を、英国の10代の男子生徒3人が開発した。

このコンドーム「S.T.EYE」は、クラミジアや梅毒などの性感染症に接触すると、コンドームに含まれる抗体がウイルスや細菌を検知して色が変わる仕組み。ロンドンのアイザック・ニュートン・アカデミーに通う13~14歳の生徒3人が開発した。

3人は、性感染症が英国で大きな問題になっていることを知って開発を思いついたという。理論的には使う人とそのパートナーの両方が感染症に気付くことが可能。開発者の1人、ダーニヤール・アリさん(14)は、「病院に行くのは恥ずかしいと思っても、これならプライバシーが保たれる」と話す。

まだ試作品の段階だが、あるコンドームメーカーから製品化を持ちかけられているという。

世界保健機関(WHO)によると、世界では1日に100万人以上が性感染症に感染している。英国で最も症例数の多いクラミジアは、性行為で簡単に広がりかねない。

この研究は10代の少年少女の科学技術研究を奨励するティーンテック賞を受賞。3人は1000ポンド(約20万円)の賞金を贈呈され、後援者のアンドルー王子の招きでバッキンガム宮殿に招待された。

メールマガジン

[PR]