Gメール、「送信取り消し」機能が使用可能に

グーグルのGメールで送信ミスをなかったことにできる機能が登場した=Google

グーグルのGメールで送信ミスをなかったことにできる機能が登場した=Google

(CNN) 米グーグルのウェブメールサービス「Gメール」で、送信の操作を直後に取り消す機能が使えるようになった。

特定の相手だけにあてて書いた個人的な内容のメールを、誤って「全員に返信」で送ってしまったら?――そんな失敗を「なかったこと」にできるのが、「送信取り消し」の機能だ。

有効にするには、Gメール画面の右上にあるギアマークから「設定」をクリックし、送信取り消しの項目をチェックする。

取り消せる時間は、送信後5~30秒の間で選べる。メールを送信した後でも、その間なら「取消」の表示を選んで誤送信をなかったことにできる仕組みだ。

グーグルは22日の発表後、ただちにユーザーのアカウント更新作業を開始した。すべてのユーザーがこの機能を使えるようになるまでには2週間ほどかかる可能性があるという。

取り消し機能はこれまでも、Gメールの新機能をテストする「Labs」上で公開されていたが、知る人は少なかった。このほかの実験的機能も、設定ページのメニューからLabsのタブを選択すれば一覧が表示され、試すことができる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]