出生時に生き別れの双子がフェイスブックで再会

出生時に生き別れの双子、FBで再会

(CNN) 別々の里親に引き取られてフランスと米国で育った双子の姉妹が、交流サイトのフェイスブックで互いを見つけて再会を果たすまでの経緯をつづった著書「Separated@Birth」を出版した。

26歳のアナイス・ボーディアさんとサマンサ・フュータマンさんは、自分に双子の姉妹がいることを2年前まで知らなかった。

パリで育ったボーディアさんはファッションデザイナー志望。ロンドンに留学中だった2012年12月、バスの中で友人にユーチューブの動画を見せられた。映っていた女優のフュータマンさんは、信じられないほど自分にそっくりだった。

友人が見つけてくれた動画などを頼りにインターネットを検索したボーディアさんは、フュータマンさんの氏名を見つけ、2人が韓国の同じ町で同じ日に生まれていたことを知る。思い切ってフェイスブックで友達リクエストを送り、「どこで生まれたの?」と尋ねた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]