携帯電話会社との契約、2020年までに不要に?

ニューヨーク(CNNMoney) 米国で公衆無線LAN(Wi-Fi)の普及が進んでいる。データ通信がWi-Fiに移行する中、いずれ消費者が携帯電話会社と契約する必要はなくなるかもしれないとの見方もある。

Wi-Fiは自宅や飲食店にとどまらず、列車や飛行機、自動車、クルーズ船にまで装備されるようになった。米CATV大手コムキャストは、全顧客のルーターを公衆Wi-Fiのホットスポットに転換できるようにした。

スマートフォンでWi-Fiを使って電子メールを送受信したり動画を閲覧したりすれば、携帯電話会社が提供するデータ通信サービスの使用量は減る。今ではWi-Fi経由の通話や携帯メール送受信も可能になった。

調査会社のマッコーリー・グループがこのほど発表した調査によれば、Wi-Fiを常に積極利用しているユーザーは、毎月の携帯電話料金を30ドル(約3400円)以上削減できている。

つまり携帯電話会社の必要性は薄れる。欧州では実際に携帯電話会社離れが進んでいる。だが米国ではまだ、携帯電話会社から完全に離れられるほどにはWi-Fiは普及していない。公衆Wi-Fiのセキュリティーに不安を感じるユーザーも多い。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]