ピザもパスタも3Dプリント、新興企業が来年発売へ

ダブリン(CNN) スペインの新興企業がピザやパスタ、デザートなどの食品をプリントできる3Dプリンターを開発し、アイルランドでこのほど開かれたIT展示会「ウェブサミット」に出品した。来年後半にも発売を見込んでいる。

ナチュラル・マシーンズ社が発表した「フーディニ」は一見、普通の3Dプリンター。プラスチックの代わりに食材を入れると、パスタやバーガーなどの食品がステンレススチールのカプセルから絞り出される。

ただしフーディニがやってくれるのは最も難しく手間がかかる工程のみ。例えばピザを作るにはまず生地がプリントされ、続いてソースがプリントされる。ケーキの精巧なデコレーションや、チョコレートの装飾なども作り出せる。

調理は自分でする必要があるが、今後の製品では調理もできるようにする予定だという。

前面に搭載されたタッチ画面ではレシピサイトに接続できる。スマートフォンから遠隔操作することも可能。

来年下半期には大量生産を開始する予定で、まずはプロ向けに売り出し、続いて消費者向けの製品を発売予定。小売り価格は1000ドル(約11万円)前後を見込んでいる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]