米海洋大気局にサイバー攻撃、衛星に障害

ニューヨーク(CNNMoney) 米海洋大気局(NOAA)は、気象関連のシステムが10月にサイバー攻撃を受け、これが原因で衛星通信やウェブサイトに障害が起きていたことを明らかにした。

NOAAによると、過去数週間で傘下の4つのウェブサイトがハッキングされ、攻撃を食い止めるために一部サービスの停止を余儀なくされたという。

10月に衛星からのデータが途切れ、雪氷データセンターなどのウェブサイトが1週間以上ダウンしていたのはこの攻撃が原因だった。米政府はこれまで「予定外のメンテナンス」とだけ説明していた。

損害の程度は不明だが、NOAAによれば、一般向けの天気予報に支障は出なかった。

しかしマサチューセッツ州にある大気環境研究所は、投資家向けの天候パターン情報が提供できなくなったと話している。

米国では政府機関などのシステムを狙うサイバー攻撃が相次いでいる。先月にはホワイトハウスがハッキングされ、その直前には政府機関職員の身元チェックなどを担う機関が攻撃されていた。

こうした国家インフラを狙うサイバー攻撃について、セキュリティー専門家はロシアや中国の関与の可能性を指摘している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]