双子の姉妹が78年ぶり再会、誕生直後に別離

双子が78年ぶりに再会

(CNN) 誕生直後に離れ離れになり、別々の人生を歩んできた双子の姉妹が、78年ぶりに感激の再会を果たした。海を隔てて米国と英国に住む2人だが、CNNとのインタビューでは姉妹らしい仲の良さを垣間見ることができた。

アン・ハントさんとエリザベス・ヘイムさんは1936年、英南部アルダーショットで二卵性双生児として生まれた。母親のアリス・ラムさんは住み込みの料理人として働いていた。英BBCテレビによると、父親は英軍の軍人だったが、娘たちの顔を見ることはなかったという。

アリスさんには2人の娘を育てる経済力がなかったため、背骨の曲がった状態で生まれたエリザベスさんだけを手元に残し、アンさんを手放すという苦渋の決断を下した。

エリザベスさんは幼い頃に姉妹がいると聞かされたが、見つけることはできないだろうとあきらめていた。アンさんは何も知らずに育ったという。

アンさんの娘が家族の系譜をたどるうちに、母親には双子の姉妹がいたことを知り、米オレゴン州に暮らすエリザベスさんを捜し当てた。エリザベスさんに「アルダーショット出身ではありませんか」と手紙を送ると折り返し電話がかかってきて、姉妹の対話が実現したという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]