絶対の機密保持を目指して――オバマ大統領のブラックベリーを作った男

ジョージ氏はロシア政府との間のホットラインの開発にも参加したという

ジョージ氏はロシア政府との間のホットラインの開発にも参加したという

当時、90年代から2000年代初期にかけて広く使われていたのは、STU-Ⅲと呼ばれる機密通信用の固定電話だ。外見はごく普通の電話だが、特別な回線が接続されている。

他にもジョージ氏は、米大統領とモスクワのロシア政府を直通で結ぶ緊急ホットライン、通称「レッドホン」の開発にも参加している。同氏のチームが暗号化アルゴリズムを決めた。ロシア側に最高機密のアルゴリズムを知らせるわけにはいかず、どのアルゴリズムを使うべきか、頭を悩ませた。

さらに、レッドホンは緊急連絡用なので、いかなる時でも確実に機能する必要がある。同氏は「そこが難しいところだった。携帯電話ならば、使用時に機能するかそこまで心配しなくても済む。自分たちが怒られるだけだ。だが、ホットラインが機能しないようなことがあれば・・・」と振り返る。

ちなみに、ジョージ氏本人が使っている端末はブラックベリーだが、契約期間が終われば変更するつもりだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]