空を自由に? 1500万円の個人用飛行装置が登場

(CNN) ニュージーランドの発明家グレン・マーティン氏は、毎晩のように自宅のガレージで試行錯誤を重ね、ひそかに個人用飛行装置の開発に取り組んできた。

大学生時代から研究を重ねること30年。1700万ドル(約17億円)を投じ、12体の試作機を製造した末、ついにマーティン氏の夢は「マーティン・ジェットパック」として製品化されようとしている。この種の飛行装置が商品として販売されるのは、初めてのことだ。

「5歳の時は空を飛んで通学したいと思っていた」と語るマーティン氏は現在54歳。以前は製薬会社のマーケティング部門で働いていた。小さい頃、SFドラマ「宇宙家族ロビンソン」や特撮人形劇「サンダーバード」に夢中になり、アポロ計画での月面着陸に衝撃を受けた。

以来、少年時代の情熱を絶やしたことはない。そんな同氏の思いが結実したジェットパックを紹介しよう。

奇想天外な飛行装置

ジェットパックの翼長は2メートル、時速74キロの飛行速度で高度900メートルまで浮上できる。200馬力のV型4気筒エンジンを搭載。2基のダクテッドファン(円筒形ダクトの中にプロペラ状のファンを持つ推進器)によって上昇し、約30分飛行できる燃料を積むという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]