パソコン乗っ取り、世界で一斉摘発 90人以上逮捕

ハッキング被害者に聞く 乗っ取りの実態

ワシントン(CNN) 米連邦捜査局(FBI)は19日までに、世界19カ国の警察と協力して、他人のパソコンの乗っ取りを可能にする悪質ソフト「Blackshades(ブラックシェーズ)」の開発者や使用者の摘発作戦を実施し、90人以上を逮捕した。

Blackshadesの被害者は全世界で約70万人に上ると推定される。米当局は2年前から水面下の捜査を続け、このほど一斉摘発に乗り出した。

世界各地で先週、捜査員らが一斉に容疑者宅の捜索を始めると、ハッカーの情報交換サイトは騒然となった。捜索先は約300カ所に上り、同ソフトの開発者のひとりとみられるスウェーデン人ハッカーがモルドバで逮捕された。

米国内でも40以上の都市を中心に作戦を展開し、ニューヨーク市内ではハッキングを共謀、実行した容疑などで2人を逮捕した。

Blackshadesはわずか40ドル(約4100円)で販売され、パソコンの知識が乏しい利用者でも簡単にインストールすることができる。他人のパソコンを乗っ取って、相手に気付かれないままカメラのスイッチを入れたり記憶装置にアクセスしたりすることができるほか、キーボード操作を読み取ってパスワードを盗むことも可能な悪質ソフトだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]