SNSでキューバ政府の転覆狙った? 米政府は否定

キューバのハバナ市内の様子

キューバのハバナ市内の様子

ニューヨーク(CNNMoney) 米政府は3日、過去にキューバ国民向けの短文投稿サイト「ツイッター」に似たソーシャルメディアサービス(SNS)を立ち上げたことを認める一方、キューバの共産党政権打倒の意図は否定した。

キューバ政府は情報技術(IT)の普及や海外からの情報の入り口となるインターネットの利用に大きな制限を加えていた。そこで米政府で対外人道援助を担当する米国際開発庁(USAID)は携帯電話のテキストメッセージを使ったSNSアプリ「スンスネオ」を開発。キューバ国民の相互交流を手助けするという以前からの政策の一部だったというのがUSAIDの主張だ。

「スンスネオ・プロジェクトの目的は、キューバ人が相互に自由に話し合うためのプラットフォームを作ることだった」とUSAIDの広報官は言う。

だがAP通信は3日、スンスネオ・プロジェクトの隠された目的がキューバで社会不安を引き起こし、アラブの春のようなソーシャルメディアを武器にした民主化運動の波を作り出すことにあったと報じた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]