あなたが知らない「ディープ」なウェブの世界

ウェブの「深部」には違法サイトなども多いという

ウェブの「深部」には違法サイトなども多いという

ニューヨーク(CNNMoney) 通常「ウェブ」と呼ばれているのは、実はほんの表層にすぎない。その下には「ディープ・ウェブ」とでも言うべき未知の深海が広がっている。

有力大学の研究者らによると、「フェイスブック」など人目に付きやすい交流サイトや、「ウィキペディア」などの情報サイト、ニュースサイトが、ワールド・ワイド・ウェブ(WWW)に占める割合は全体の1%にも満たないという。いわゆるネットサーフィンは文字通り深海の表面を漂っているだけだ。

より深く潜水した先には、まだ見ぬ無数のウェブページがあるが、ディープ・ウェブの概念自体は、ごく単純なものだ。

グーグルやヤフー、マイクロソフトの「ビング」のような検索エンジンは、絶えずウェブページを巡回、登録している(インデックス化)。インデックス化にあたっては、張りめぐらせた巣網の上をクモが移動するようにして、サイト間を結ぶリンクをたどっていくが、それでは静的ページしか収集できない。

オンライン・データベースに質問を入力した際に回答として生成されるような、動的ページを取りこぼしてしまう。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]