サッカー選手を逮捕、試合中に女性審判殴る アルゼンチン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アルゼンチンで、地域リーグのサッカー選手が試合で女性審判を殴って逮捕された/Javier Mozo

アルゼンチンで、地域リーグのサッカー選手が試合で女性審判を殴って逮捕された/Javier Mozo

(CNN) アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの地域サッカーリーグの試合で、選手が女性審判を殴って逮捕された。

審判の話によると、同リーグのガルメンセとインデペンデンシアが対戦した試合の後半で、ガルメンセのクリスティアン・ティローネ選手にファウルを出したところ、同選手が暴言を吐き始めた。

これを受けてレッドカードを掲げようとした時、ティローネ選手に後ろから後頭部を殴られ、地面に倒れ込んだ。

現場の映像には、同選手が審判から引き離され、数人の警官に連行される場面が映っている。

審判は地元の病院へ運ばれて手当てを受けた後、同選手を告訴した。

警察関係者によると、ティローネ選手は現地の警察に留置され、外部との連絡を断たれている。今後、身柄を送検される予定。

アルゼンチンサッカー協会(AFA)は同選手の行動を非難し、裁判に協力するとの声明を出した。

ガルメンセは声明で審判との「連帯」と、謝罪の意を表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]