マラドーナの「神の手ゴール」のユニホーム、11億円超で落札

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サッカー史上に残る伝説の試合でマラドーナが着用したユニホームが11億円超で落札/Sotheby's

サッカー史上に残る伝説の試合でマラドーナが着用したユニホームが11億円超で落札/Sotheby's

(CNN) サッカー界の伝説的なスター、ディエゴ・マラドーナさんが1986年のワールドカップ(W杯)メキシコ大会準々決勝のイングランド戦で着用していたユニホームがこのほど競売にかけられ、714万2500ポンド(約11億5300万円)で落札された。スポーツにまつわる品目としては史上最高額となった。

金額はオークションを手掛けたサザビーズが発表した。落札者は明らかになっていない。

当該の青いユニホームは元イングランド代表のミッドフィルダー、スティーブ・ホッジさんが所有していた。ホッジさんは試合後にマラドーナさんとユニホームを交換した。試合は2―1でアルゼンチンが勝利した。

試合中、ホッジさんが意図せず浮かせたボールにマラドーナさんが反応したことで、有名な「神の手」ゴールが生まれていた。

さらにその数分後、マラドーナさんはハーフウェーライン付近でパスを受けると、相手守備陣5人をドリブルで次々と抜き去って追加点を決めた。このゴールは後年、国際サッカー連盟(FIFA)の投票によって「世紀のゴール」に選ばれた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]