ロシア、カナダ放送局CBCのモスクワ支局を閉鎖 カナダ政府の措置受け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) カナダの放送局CBCは、ロシアがCBCモスクワ支局を閉鎖し、ジャーナリストからビザと記者証を剥奪(はくだつ)したと明らかにした。

CBCは、この決定は「カナダがロシアの国営テレビ局ロシア・トゥデーを禁止したことを受けた報復的な措置」だと述べた。

「CBCは44年以上にわたってモスクワに支局を置き、現在、カナダの報道機関の中で唯一、モスクワに常駐している。我々のジャーナリズムはカナダ政府から完全に独立しており、ロシア政府がこの2つを混同していることを悲しく思う」と、CBCの広報部長チャック・トンプソン氏は声明で述べた。

「今回の措置はロシアが自由で独立した報道機関を国内で抑圧するための新たな一歩のようにみえる。我々は過去何年にもわたってロシアで特派員たちが作り上げてきたジャーナリズムを非常に誇りに思っており、今後も国外からできる限りロシアのニュースを伝えていく」とも述べた。

カナダのトルドー首相はCBCを国外追放するというロシアの決定について「受け入れ難い。事実を報道することを黙らせようとする試みだ」と非難した。

「ジャーナリストは検閲や脅迫、干渉を受けることなく安全に仕事をすることができなければならない。それはカナダが常に支持するものだ」とトルドー首相はツイッターで述べた。

カナダのパブロ・ロドリゲス遺産大臣は、ロシアの決定は「ウクライナで起こっている恐ろしい現実を覆い隠そうとするもの」だと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]