「つり目」のポーズを女子チームのツイッターに投稿、伊ユベントスが謝罪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
伊ユベントスの女子チームに所属するセシリア・サルバイ選手/Reporter Torino/LiveMedia/Shutterstock

伊ユベントスの女子チームに所属するセシリア・サルバイ選手/Reporter Torino/LiveMedia/Shutterstock

(CNN) サッカーのイタリア・セリエA、ユベントスの女子チームの公式ツイッターアカウントに5日、選手がアジア人に対する人種差別的なジェスチャーをする写真が投稿され、クラブが謝罪する事態となった。

ツイートされた写真には、DFのセシリア・サルバイ選手(27)がトレーニング用の赤いコーンを頭に載せ、指で目を後ろに引っ張る「つり目」のしぐさをする様子が写っている。

投稿にはこのほか、つり目のジェスチャーに似せた絵文字も含まれていた。

問題の写真はすぐに削除されたものの、インターネット上では激しい反発の声や、「あからさまな人種差別」との批判が上がった。

ユベントスは投稿を削除した直後、公式ツイッターアカウントに謝罪声明を掲載。「我々のツイートにより不快な思いをさせた可能性があることを心より謝罪する。論争を引き起こしたり、人種的な意味を込めたりする意図はなかった」とした。

そのうえで「ユベントスは常に人種差別や差別に反対してきた」と述べ、多様性を支持するハッシュタグを添えた。

CNNがSNS関連でどのような決め事があるかと質問したところ、ユベントスは回答を控えた。

サルバイ選手はこのところSNSに投稿しておらず、インスタグラムのコメントをオフにしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]