女子サッカー5チーム、片ひざついて人種差別に抗議 東京五輪

五輪女子サッカーの5チームが、人種差別に抗議する証として試合前に片ひざをついた/Tim Clayton/Corbis Sport/Getty Images

五輪女子サッカーの5チームが、人種差別に抗議する証として試合前に片ひざをついた/Tim Clayton/Corbis Sport/Getty Images

(CNN) 21日に行われた東京オリンピックの開幕戦で、女子サッカーの5チームが、人種差別に対する抗議の証として試合前に片ひざをついた。

英国とチリの対戦では試合前に両チームの選手がピッチで片ひざをつき、米国対スウェーデンの試合でも開始前に両チームの選手が片ひざをついた。

米プロフットボールリーグ(NFL)のコリン・キャパニック選手が人種差別に抗議して試合前の国歌斉唱の際に片ひざをついてからほぼ5年がたつ。以来、特に黒人のジョージ・フロイドさんが2020年5月に警察に拘束されて死亡した事件以来、世界中のスポーツ選手が人種差別や不平等に対する抗議運動への連帯の証として片ひざをついてきた。

スウェーデンのアマンダ・イレステッド選手は試合後、「人権のために立ち上がるのは正しいことだと感じている。米チームとのコミュニケーションがあった」と語り、「やってよかったと思う」と振り返った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]