F1バーレーンGP、無観客で開催へ 新型コロナ対策で

F1バーレーンGPが無観客で開催されることになった(写真は昨年の大会最終日の様子)/Mark Thompson/Getty Images Europe/Getty Images

F1バーレーンGPが無観客で開催されることになった(写真は昨年の大会最終日の様子)/Mark Thompson/Getty Images Europe/Getty Images

(CNN) 自動車レースのF1シリーズ第2戦、バーレーン・グランプリ(GP)が、新型コロナウイルス(COVID―19)の感染拡大を受け、無観客で行われることになった。

バーレーンGPは20~22日に開催予定。主催者は8日、今回は「参加者のみのイベント」になると発表した。

主催者は声明の中で、「COVID―19の世界的な拡散が続く中、海外からの旅行客や地元のファンが何千人も集まって至近距離で接触する大規模スポーツイベントの開催は、現時点では適切ではない」と説明している。

「それでもこのスポーツや世界中のファンが過度の影響を受けることのないよう、週末のレースはテレビ中継イベントとして決行する」とした。

保健省によると、バーレーンでは新型コロナウイルスの症例が83例確認された。対策として、「社会的距離」を置くなどの規制を打ち出したことが、感染の拡大を防ぐ上で多大な成功を収めたと強調している。

今シーズンのF1はオーストラリアのメルボルンで15日に開幕予定。オーストラリアGPの主催者は、予定通りに開催すると発表している。

一方、4月19日に開かれる予定だった中国GPは既に延期が決まった。

新型コロナウイルスの症例数は世界で10万5000例を超え、世界中のスポーツイベントに影響が及んでいる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]