ラグビーW杯 王者NZが白星発進、イングランドは快勝

大会3連覇を目指すニュージーランドは白星スタートを決めた/ODD ANDERSEN/AFP/AFP/Getty Images

大会3連覇を目指すニュージーランドは白星スタートを決めた/ODD ANDERSEN/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は1次リーグの試合が行われ、B組で大会3連覇を目指すニュージーランド(NZ)は初戦で南アフリカを23―13で破った。

試合は南アフリカがペナルティーゴール(PG)で先制。南アフリカはその後も試合を優勢に進めるが、NZがPGで同点に追い付く。その後はNZがトライを決めるなど逆転。南アフリカも得点を決めてNZを追いかけるが、NZは17―13からPGを2本決めて南アフリカを突き放した。NZは1次リーグ無敗の記録を守った。

フランスのアントワン・デュポンがアルゼンチンのグイド・ペティからタックルを受ける/CHARLY TRIBALLEAU/AFP/GETTY IMAGES
フランスのアントワン・デュポンがアルゼンチンのグイド・ペティからタックルを受ける/CHARLY TRIBALLEAU/AFP/GETTY IMAGES

C組ではフランスがアルゼンチンを23―21で下した。試合はフランスが前半終了時に20―3と大きくリードしていたが、後半にアルゼンチンが逆襲。フランスが追いすがるアルゼンチンを振り切った。

豪州のフランカー、マイケル・フーパーが前半に決めたトライ/WILLIAM WEST/AFP/GETTY IMAGES
豪州のフランカー、マイケル・フーパーが前半に決めたトライ/WILLIAM WEST/AFP/GETTY IMAGES

札幌で行われたD組の豪州―フィジーは39―21で豪州が勝利した。一時はフィジーが21―12とリードしたが、その後豪州のフッカー、トール・ラトゥが2つのトライを決めるなどして逆転した。

トライを決めたイングランドのセンター、マヌ・ツイランギ(右)がフライハーフのジョージ・フォードと喜ぶ/WILLIAM WEST/AFP/GETTY IMAGES
トライを決めたイングランドのセンター、マヌ・ツイランギ(右)がフライハーフのジョージ・フォードと喜ぶ/WILLIAM WEST/AFP/GETTY IMAGES

C組の1次リーグ、イングランド対トンガは、2003年大会王者のイングランドが35―3でトンガに勝利した。試合はイングランドが前半10分にPGで先制。トンガもPGで得点して同点となるが、その後はイングランドが優位に試合を進める。イングランドはツイランギのトライなどで得点を加えると、そのまま得点を伸ばし35―3で快勝した。イングランドは4トライをあげて、ボーナスポイントも獲得した。

アイルランドはジェームズ・ライアンがトライを決めるなどしてスコットランドに快勝/CAMERON SPENCER/GETTY IMAGES
アイルランドはジェームズ・ライアンがトライを決めるなどしてスコットランドに快勝/CAMERON SPENCER/GETTY IMAGES

横浜では日本と同じA組のアイルランド対スコットランド戦が行われ、アイルランドが27―3で破った。ジェームズ・ライアン、ロリ―・ベスト、タイグ・ファーロンがそれぞれトライを決める活躍を見せた。

イタリアのセンター、トンマーゾ・ベンベヌーティがナミビアのタックルを防ぐ/FILIPPO MONTEFORTE/AFP/GETTY IMAGES
イタリアのセンター、トンマーゾ・ベンベヌーティがナミビアのタックルを防ぐ/FILIPPO MONTEFORTE/AFP/GETTY IMAGES

大阪ではB組の1次リーグで、イタリアがナミビアを47―22で下した。前半は激しい雨が降る中、出場国中ランキング最下位のナミビアがダミアン・スティーブンスのトライなどでリード。しかし、その後は「アッズーリ」の愛称を持つイタリアチームに主導権を握られる展開となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]