世界の覇権に照準、中国「ラグビー革命」<1> 「国民的スポーツ」への取り組み

2017.06.02 Fri posted at 17:00 JST

[PR]

(CNN) 巨額の資金で世界の一流サッカー選手を次々と獲得しマスコミをにぎわせている中国だが、今やラグビーでも同様の革命を起こすべく、着々と準備を進めているようだ。競技人口を爆発的に増やして代表チームを強化し、ワールドカップ(W杯)の開催国に名乗りを上げ、ゆくゆくは優勝争いに絡む。そんな野望を抱く中国ラグビー界の現状と将来像を取材・分析した。

競技人口、5年で100万人突破も

2016年1月に7万6000人だった中国のラグビー人口は、同年の間だけで一気に6万人増加した。総人口に占める割合はわずか0.01%で大海の一滴にすぎないが、その拡大のスピードから同国の政治家やスポーツ当局者らは、ラグビー界での「覇権」を短期間で手にするための方策に着手している。

世界のラグビー協会の統括組織ワールドラグビーも、世界人口の約2割に相当する15億人に迫る規模の中国市場に熱い視線を送る。

ワールドラグビーの最高経営責任者(CEO)、ブレット・ゴスパー氏は、「われわれには10年以内に(中国の)ラグビー人口を100万人に増やすという目標があるが、中国のラグビー協会は目標を『5年以内』に変更しているとみられる」と語る。

メールマガジン

[PR]